企業情報

先端的なソフトウェア開発技術をもつフォントメーカーとして、世界的な組込みフォントソリューションをご提供


会社概要

  1. 会社ロゴ
  2. 企業概要
  3. 事業内容
  4. 経営理念

文字の骨格及び太極のコンセプトで「永字八法」にある「大・中・小」の力及び美を表現します。 パソコンで文字を作ることを表す一方、自信及び勤勉を持つアーフィックの企業文化を表します。自分を超え続ける長期経営はアーフィックが考えた企業理念です。

設立:1990年5月
従業員数:70人+
資本金:NT$85,000,000

1.iFont 組込みフォントソリューション
2.多国言語のフォントライセンス
3.カスタムフォント開発
4.クラウドフォントサービス |www.ifontcloud.com
5.フォントとコードのサービス( 台湾)

信頼 : 顧客に信頼されるパートナーとして、確実、着実な製品及びサービスをご提供
精緻 : 高品質、高機能のフォントを開発、顧客に最適なソリューションをご提供
創造 : 競争相手より先進的な製品開発能力で、顧客に価値があるサービスをご提供

企業競争力

豊富な多国言語のフォントデザイン経験と専門的なフォントデザイン力を持ち、
「信頼」「精緻」「創造」の3つの理念でお客様に最高のサービスを提供しています

  1. 組込み用フォントソリューションとしてデジタルフォントをご提供
  2. ウェブフォントサービス
  3. グローバルフォントをご提供
  4. 多くフォントに関する特許を持つ

会社の歩み

  • 2016

    2016年にARPHICが方新書および書苑宋を発表しました。方新書は穏やかな感じを保ちながら、ゴシック体の重たい視覚を改善し新たな感じを与えました。同時に第8回の国際非ラテン語デザインコンテスト(Granshan 8th International Type Design Competition)の中文組の三等賞を受賞しました。 書苑宋は古典の風味および創新のデザインを統合し、ユーザーに最高のフォント体験を送りました。Hiii Typography 2015の審査員賞、全球華人2015金點デザイン賞視覚伝達類、年度最高デザイン賞を受賞しました。 また、台湾のイラスト作家の陳森田先生および書家の黃智陽教授と手書きフォントおよび筆フォントを共同開発しました。 iFontCloudもより良く使用経験を与えるために、UIをリニューアルしました。

  • 2015

    ARPHIC(アーフィック)が2013年にモデルチェンジを始めて以来、今年は数々の重要な節目を迎えました。新たなフォントでは、新しい時代の応用に適合するためにデザインされた宋朝体フォントセット—書苑宋を発表しました。これはアーフィックが晶熙ゴシックを受け継いだ後、Infinity Font機能と組み合わせて使用できる2セット目の応答式の字体でもあります。また同時に、書苑宋は2015のゴールデン・ピン・デザイン・アワードのベスト オブ ゴールデン ピンを受賞しました。その他、ゴシック体を留めてデザインした方新書は、まだ未発売ながら、今年のGranshan非ラテン文字国際タイプデザインコンペティションの中国語グループで第2位を獲得しました。さらに、2015年にiFontCloudクラウドサービスプラットフォームにて、新たなレンタルフォントサービスをリリースし、台湾のフォントメーカーのフォント販売モデルの新たな1ページを開きました。また、アーフィックの代表的なフォントである晶熙ゴシックが聶永真(アーロン・ニエ)の永真急制スタジオから支持され、蔡英文総統選挙チームのメインビジュアルフォントとして採用されました。

  • 2014

    Infinity Fontレスポンシブデザインを開発;Mobile Fontがshare font、64 bits CPUに対応可能;Layout Engineがヘブライ語、クメール語、ラーオ語に新規対応;Android 4.4 / 5.0及びGoogle Playに対応可能なSwapFontを開発;文字作成効率を向上するため、内挿法でストロークを迅速に生成できる文字作成システムを開発;Arphic Cloud Fontサービスをご提供;フォントデザイン会社Dalton Maag、Sandollと業務提携;中国携帯電話市場へ進出、小米携帯電話ストアと合作

  • 2013

    Mobile Fontが異なるデザインの斜体及び高品質のボールドに新規対応;Layout Engineが属性文字の組版に新規対応;より良くフォントを切り替える機能を持つAndroid Swap Fontを開発;ウェブフォントを開発し、iFontCloudサービスをご提供;AR UD晶熙ゴシック体は2013年Good Design Awardベスト100を受賞;アーフィック上海を設立

  • 2012

    ニ書体から違う太さの書体や長体平体を自動生成できるInfinity Font及びMulty-width技術を開発;アッサム語、ベンガル語、ミャンマー語を新規開発;ウェブフォントサービスーiFont Cloudを開発

  • 2011

    Android 1.x及び2.xにてタイ語、アラビア語、ペルシア語、ヒンディー語、ベンガル語、ヘブライ語対応のAndroidソリューションを開発、ヒント情報をかけたタイ語、アラビア語、欧文を開発;CESI認証済みの11書体を開発

  • 2010

    iHint v2.0は高品質の漢字と英語と欧文に対して、少ないメモリサイズのフォントを高速表示;複雜言語TrueType Font18セット新規対応;OpenVG 2Dグラフ加速器はFreeType engineと統合;經濟部「卓越SBIR產業貢獻」賞を獲得

  • 2009

    点画による文字の組み立て方式により、フォントデータの低容量化;Layout EngineはOpenVGに新規対応

  • 2008

    Mobile Font iHint技術を開発;Layout Engineは14セットの複雑言語に新規対応;数多くも台湾、日本、中国の大手メーカーがiFont組込み用ソリューションを採用

  • 2007

    CESI中国政府認証フォント授権取得の代行

  • 2006

    Layout Engineは7セットの複雑言語に新規対応;中国語デジタル学習製品を開発

  • 2005

    Layout Engineを開発し、ヒンディー語、アラビア語、タイ語などの複雑言語に新規対応;パッケージ製品「OPENTYPE全字集」、「注音小博士」など販売開始

  • 2004

    Mobile Font技術を開発

  • 2001

    日本HDTVの大手メーカーがiFont組込み用ソリューションを採用

  • 1999

    CIDポストスクリプトフォントを開発

  • 1995

    VCFTフォント技術及びTrueTypeフォントを開発

  • 1994

    VCFTフォント技術及びTrueTypeフォントを開発

  • 1990

    Arphicが台湾台北で創設された

連絡先

  1. 台湾本社
  2. Shanghai Office
  1. ADDRESS21F., No.285, Sec. 2, Wenhua Rd., Banqiao Dist., New Taipei City 22046, Taiwan
  2. TEL886-2-82598356
  3. FAX886-2-82598351
  4. TEL886-2-8259-8360
  5. E-Mailservice@arphic.com.tw
  1. ADDRESSSecond Floor, NO.833 Xin Zha Road, Jingan District, Shanghai, China, 200041
  2. TEL+86-21-6380-6302*802
  3. FAX+86-21-6380-5191
  4. TEL+86-136-3630-5869
  5. E-Mailsabrinalee@arphic.com.tw
  • 最新のニュース

採用情報

アーフィックのチームに志を同じくしてる仲間たちと一緒に画期的な作品を作りたい人を心を込めて求めています。