字傲

金点设计奖

金点賞について

台湾では35年の歴史を持つ「金点デザイン賞」は2014年から中華圏のデザイン分野の頂点を目指して「よいデザイン」として認められたもののみが付けられるマークであり、生活者の方々に広く親しまれています。
「金点デザイン賞」は毎年デザイン専門家を招待し、一次審査、二次審査、最終審査の三段階で審査しております。製品デザイン、視覚伝達、パッケージデザイン、空間デザイン四種類を分けております。中華圏でデザイン、制作、販売する予定の商品を申し込むことができます。毎年100件超えの選び、賞およびメダルを与えます。その中にもベスト賞がございまして、トリュフを差し上げます。

受賞

2015年金点デザイン賞は12月10日に開催しまして、歴代最高件数を応募しました。AR書苑宋体は数千件の作品から視覚伝達類ベストデザイン賞を受賞しました。

審査委員からのコメント

「AR書苑宋体は調整や創造の中に一番よく使われる宋体です。従来の直線を変えて、曲線で表現しまして、人文を感じました。また、独字および合字の構造空間を厳しく調整し、美しく視認性の高い書体でした。」
——王行恭